読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MastodonでIDCFクラウドのオブジェクトストレージを利用する

はじめに

最近Mastodonが流行っていますね。 そこで@reki_frequent 氏と一緒にshimaidon.netというインスタンスをたちあげました。

AWSを使う手もありましたが料金の魅力からIDCFクラウドを選択しました。 IDCFクラウドでとりあえずたててみたという記事は他にも多数ありますので、 建て方については他の記事に譲るとして本記事ではオブジェクトストレージを使用して料金を節約する方法を紹介します。

Mastodonとは

Mastodonとは分散型ミニブログの規格であるOStatusのOSS実装の一つです。 そのため誰でもインスタンスをたてることが可能です。 またインスタンス間の協調も定義されています。 したがって特定の組織に依存しないSNSのネットワークを構成することが可能です。

Mastodonを個人で運営していく上での問題点

Mastodonを運営していく上での問題の一つに画像等で大量のディスク容量が必要とされることが挙げられます。 他のサーバリソースは登録者の制限等で一定水準に保つことが可能ですがディスク使用量は少人数しかいないインスタンスでもどんどん消費されていきます。 そのため安価にディスク容量を確保することは個人でMastodonを運営していく上で重要となります。 IDCFクラウドは通常のストレージよりオブジェクトストレージを使用したほうが安価(しかも50GBまで無料で使える)です。 IDCFクラウドのオブジェクトストレージはAWSのS3との高い互換性を謳っています。 また、MastodonではS3をストレージとして利用することが可能です。 したがって、IDCFクラウドのオブジェクトストレージをストレージとして利用することが可能です。

実装

本例の環境はCentOS7.3.1611でmastodonのバージョンは1.3.2を利用しています。

実装方針としては.env.productionに設定を追加することでMastodon側でオブジェクトストレージを利用する設定にします。 IDCFクラウドのオブジェクトストレージの課金の特徴としてIDCFクラウド内の通信は無料です。 そこでVMのnginxを必ず経由させるようにしてさらに利用料を抑えます。

shimaidonの場合.env.productionに追加した設定は下記です。

S3_ENABLED=true
S3_BUCKET=shimaidon
AWS_ACCESS_KEY_ID=<API Key>
AWS_SECRET_ACCESS_KEY=<Scret Key>
S3_REGION=ds.jp-east
S3_ENDPOINT=https://ds.jp-east.idcfcloud.com
S3_PROTOCOL=https
S3_SIGNATURE_VERSION=s3
S3_HOSTNAME=shimaidon.net/s3_contents

S3_ENABLEDでS3を有効にするかどうかの設定をします。 S3_BUCKETは使用するバケットを指定します。 このバケットは予め作成しておきます。例ではshimaidonというバケットにしました。 「AWS_ACCESS_KEY_ID」、「AWS_SECRET_ACCESS_KEY」はそれぞれ適切に設定してください。 S3_ENDPOINTはエンドポイント、S3_REGIONはエンドポイントから「idcfcloud.com」を取り除いたものとなります。 S3_PROTOCOLはhttpsです。 S3_SIGNATURE_VERSIONはIDCFクラウドはv4に対応していないのでs3としてください。 S3_HOSTNAMEですがnginxでオブジェクトストレージにproxyさせるため「<自ドメイン>/<サブディレクトリ>」としてください。 今回の例ではshimaidon.net/s3_contentsとしてあります。サブディレクトリ名は当然ですがmastodonのものと被らないように気をつけてください。

次にnginxの設定です。 雑に下記のようにしてあります。

        location /s3_contents/ {
            proxy_set_header host $host;
            proxy_pass https://ds.jp-east.idcfcloud.com/;
        }

/s3_contents/に来たアクセスをs3_contentsを取り除いたファイル名をhttps://ds.jp-east.idcfcloud.com/ に転送しています。

コメント

今回は料金を下げるという点に注目しました。 最後のnginxでリバースプロキシさせるというのは料金とトラフィックやサーバの負荷のトレードオフとなっています。 お金にものを言わせて大規模インスタンスを運営する際はnginxを経由させないようにS3_HOSTNAMEをds.jp-east.idcfcloud.comにするほうがよいです。 お金があるならAWSでPaaSを駆使したほうがよさげではありますが。

まとめ

本記事では各種クラウドの中でも比較的安価なIDCFクラウドを用いてさらにそのオブジェクトストレージを用いることで料金を下げる方法を紹介しました。 具体的にはS3とIDCFのオブジェクトストレージが互換性があること、IDCFクラウド内での通信は無料であるという特性を利用しました。 このような形態の運用はお金のない個人インスタンスを運営する上で有用です。